センターのいちおし
生き物たちのエレガントな数学 : 自然の中に潜む方程式を解こう
2012.08.21
タイトル 生き物たちのエレガントな数学 : 自然の中に潜む方程式を解こう
編著者名 上村文隆著
出版社 技術評論社
出版年 2007
内容と紹介 区分:和図書/ID:100136573/所在:学科・コース架/請求記号:410/KB

毛嫌いされがちな数学ですが、元来数学は美しいものです。樹や葉、貝といった自然物が織りなす美しさは、黄金比、らせん、うずまきといった数学的調和から成り立っています。数学が自然物の美しさを生みだしているといっても過言ではありません。稀代の数学者、岡潔氏が「数学は美意識で解く」と言ったように、美学と数学は案外近い関係にあるようです。

この本では身近な自然物の観察から、さまざまな数学的法則を導き出していきます。植物の葉からは分数多角形、枝の成長からはフィボナッチ数列、巻貝からは黄金分割らせんといったように、ごく身近な自然物にひそむ数学はとても美しく、ひたすら解を強要させられたそれとはまったくの別物です。また授業対話形式で進んでいくためとてもわかりやすく、数学嫌いでも楽しく読めるでしょう。

植物や貝ですら無意識に修得している数学。苦手な方は今のうちに克服しましょう。
リンクURL 生き物たちのエレガントな数学 : 自然の中に潜む方程式を解こう