センターのいちおし
Asakusa style : 浅草ホームレスたちの不思議な居住空間
2011.07.01
タイトル Asakusa style : 浅草ホームレスたちの不思議な居住空間
編著者名 曽木幹太撮影・文
出版社 文藝春秋
出版年 2003
内容と紹介 区分:和図書/ID:000117470/所在:普通書架/請求記号:368.2/S

東京、浅草にある撤去自在・建設自在の住宅写真を収録してある。
その持ち主たちは、護岸や河川付近に住むいわゆるホームレスたちだという。
しかし彼らは立派な家を持っている。
もはや”ホームレス”とはいえないだろう。

ベニヤを使った家、鉄パイプを使った家、リヤカーを使った家。
行政による撤去の日に備えて組み立て自在の家は、人が生活する上で必要十分に思える。

人間が生活する上で、物品・建物・資材とはどれだけ必要なのだろうか?
ひとひとりが引越しするだけでも、2tトラックが必要な生活とはいったい何なのだろうか?

「もの」と「生活」を考えるきっかけとなる一冊である。

また、猫好き・犬好きにも薦めたい一冊だ。
彼らの生活と猫・犬は非常に近しい。
完全な家猫でもなく、野良でもない顔つきの猫たちが収録されている。
リンクURL Asakusa style : 浅草ホームレスたちの不思議な居住空間