センターのいちおし
I Love Youの訳し方
2017.09.01
タイトル I Love Youの訳し方
編著者名 望月竜馬著 ; ジュリエット・スミス絵
出版社 雷鳥社
出版年 2016.12
内容と紹介 夏目漱石が“I Love You”を“月がきれいですね”と訳した話は有名ですが、実は漱石が本当にそう言ったのかは定かでありません。しかし、本書の著者・望月竜馬氏も本書の前書きでそう言及した上で、「“愛してる”という言葉を使わなくても想いを伝えることはできる」と語っています。

本書のタイトルは『I love youの訳し方』ですが、中身はまさに『I love youの伝え方』と言うにふさわしく、著者が選りすぐった作家100名が100通りの愛情の表現を、「情熱的」「感傷的」「個性的」「狂気的」「浪漫的」の5つのカテゴリに分けて収録しています。
太宰治の『斜陽』、豊島与志雄の『溺るるもの』、夢野久作の『瓶詰地獄』、宮沢賢治の『銀河鉄道の夜』など、著名な作家・作品が揃っているため、既に読んだことのある人は「そうかこれって口説かれてたのか」「なるほど確かにこれも愛の言葉だ」と思わず感嘆してしまう気づきがありますし、まだ読んだことのない人は、気になった作品、作家へと手を伸ばすきっかけになる一冊です。

読んだあと部屋に飾りたくなるような本を目指して、著者が紙質からこだわった装丁や、海外の古きよき絵本のようなタッチで、さまざまな愛の形を表現するジュリエット・スミス氏のイラストも魅力の一つです。ぜひ紙の手触りと共に、日本の“行間を読む”という文化の奥ゆかしさ、楽しさを味わってください。
リンクURL I Love Youの訳し方
画像