センターのいちおし
目でみることば [1]
2017.08.04
タイトル 目でみることば [1]
編著者名 おかべたかし文 ; 山出高士写真
出版社 東京書籍
出版年 2013.2-
内容と紹介 私たちが普段使っていることばや慣用句のその意味や語源について、「見せる」ことで伝えようと試みた『目でみることば』シリーズ。すでに3冊が刊行されていますが、こちらはその第一冊目にあたります。
ひと目でわかる「引っ張りだこ」の表紙に始まり、「羽目を外す」の「羽目」とは?など、ことばの意味をビジュアルで理解できるように工夫されていると同時に、だれかに自慢したくなる薀蓄もたっぷり紹介されています。また、写真はすべて現地に赴いて撮影され、紹介したい「ことば」でも上手く写真が撮れなかったものは断念したというほどのこだわりよう。
文芸表現学科はもちろん、デザイン系の方にもオススメです。当センター所蔵、同著者の『似ていることば』(場所:ACIC推薦本コーナー、請求記号:814.5/OT)とあわせてどうぞ。
リンクURL 目でみることば [1]
画像