TOP > 利用案内
利用案内
1.開館時間・休館日
 
開館時間
 
曜日 開館時間
平日 9:00~20:00
土曜日 10:00~19:00
日曜日・短縮開館期間 10:00~18:00
休館日
  〇祝日・年末年始
〇月末館内整備日
〇入学試験実施日とその前日など、大学が定めた日
〇長期休暇中の一定期間






利用案内
2.利用について
 
利用証
 
 
区分 利用証 申請方法(該当リンク)
学生 学生証
休学者 一般利用証 利用案内>11.休学中の利用
卒業生 卒業生利用証 卒業生の方へ
教職員 教職員証
学外者 一般利用証 藝術学舎受講生・学外の方へ>一般利用証発行について
学外者(入館のみ) 当日入館証 藝術学舎受講生・学外の方へ>当日入館について
入館
  利用証のバーコードをゲートにかざして入館してください。
学外の方、または利用証をお持ちでない方は、受付カウンターで入館手続きを行なってください。
退館
  退館ゲートにはBDS(ブック・ディテクション・システム)が設置されており、貸出手続きを済ませずに図書館資料を持ち出そうとするとアラームが鳴ります。
この装置は携帯電話や電子辞書等の電子機器によっては誤作動することもあります。資料保全のため、アラームが鳴りましたらスタッフが持ち物を調べさせていただくことになりますので、ご協力をお願いします。
 
利用マナーをお守りください

資料、設備、備品は大切に扱ってください。紛失、汚損、破損の場合、弁償を求めることがあります。
閲覧した資料はもとの場所に戻してください。返す場所がわからない場合は館内の閲覧資料返却用ブックトラックに置くか、カウンターのスタッフにお尋ねください。
貸出図書や利用証のまたがしは厳禁です。必ず自分の利用証で利用してください。
館内の電源を携帯電話の充電など、私用で使うことはできません。
館内では私語や談笑は慎み、他の利用者の迷惑にならないようにしてください。
館内に飲食物(ペットボトルも含む)や傘を持ち込まないでください。また、館内は禁煙です。
館内での携帯電話・PHSの通話は禁止します。必ず電源を切るかマナーモードに設定して入館してください。
盗難防止のため、持ち物、特に貴重品は必ず携帯してください。
本学には駐車場、バイク置場がありません。自動車、バイクでの来館はご遠慮ください。
利用マナーが悪く、館員の指示に従わない場合、退出を求め、以後の利用をお断りします。






利用案内
3.閲覧
 
  館内の閲覧スペースで開架している図書や雑誌を閲覧することができます。
書庫や事務室資料は出納申込書に記載の上、貸出カウンターへ出納を依頼してください。
貴重・閉架資料室資料は事前に閲覧の申込みが必要です。






利用案内
4.複写
 
  調査、研究のために著作権の範囲内(著作物の1部分を1人につき1部まで)で所蔵資料を複写することができます。料金はモノクロ1枚10円、カラー1枚50円です。領収書は発行しておりません。






利用案内
5.貸出・返却・延長・予約
 
貸出
 

図書資料(禁帯出図書・参考図書を除く)を下記の貸出規程により、館外貸出をすることができます。借用を希望される図書を利用証とともに貸出カウンターへ持参し所定の手続きを行なってください。

利用対象 貸出冊数 貸出期間
学生・専門学校生 10冊 2週間
京都文化日本語学校生 5冊 2週間
院生 30冊 1ヶ月間
専任教員 50冊 6ヶ月間
非常勤教員・専任職員 10冊 1ヶ月間
非常勤職員 5冊 2週間
特別協定校生
(東北芸術工科大学生・京都精華大学生)
10冊 2週間
返却
  図書の返却は返却カウンターで受け付けます。返却の際は必ずスタッフに声をかけてください。返却が遅れた場合、遅れた日数だけ貸出停止のペナルティが科されます。
休館中(9:00~17:00)も、返却は受け付けています。
金曜日の閉館後から月曜日の開館前まで返却ポストへの返却も可能です。
通信教育部スクーリング開講期間、短縮開館期間、春期・秋期閉館作業期間は、常時設置する予定です。
どうしても返却が困難な場合は郵送返却も受け付けます。資料が汚損・破損しないよう確実に梱包し、返却日までに当センター返却受付係宛てへ到着するようにお送りください。
詳しくは図書館Q&A「郵送で図書を返却する」を参照してください。
延長
  借りている図書の継続利用を希望する場合、返却期日までに手続きを行なえば、1回まで延長貸出ができます。
予約資料、延滞資料の延長はできません。
延滞資料がある場合、ペナルティ期間中の場合は延長できません。
試験期間2週間前等、延長できない場合があります。

詳しくは図書館Q&A借りている本の返却期限を延長するを参照してください。
予約
  借りたい図書が貸出中の場合は予約することができます。院生は計5冊、学生は計3冊まで受け付けます。
予約サービスは、学生・院生・専門学校生・京都文化日本語学校生に限ります。
延滞資料がある場合、ペナルティ期間中の場合は予約できません。
試験期間2週間前等、予約できない場合があります。

詳しくは図書館Q&A貸出中の本に予約をするを参照してください。






利用案内
6.メディア資料閲覧
 
当日入館証では利用できません。
映像資料
  資料を1点選び、貸出カウンターで利用証を提示し手続きを行なってください。
映像資料閲覧スペース、ROM資料はコンピュータ閲覧席で閲覧できます。
録音資料
  資料を1点選び、貸出カウンターで利用証を提示し手続きを行なってください。
CDはプレーヤーとヘッドホンを受け取り館内で鑑賞します。
語学関連資料に限り、館外へ貸出することができます。






利用案内
7.レファレンスサービス
 
  調べもの、資料探しのお手伝いをします。お気軽にレファレンスカウンターへご相談ください。
オンラインレファレンスフォームからも申し込むことができます。






利用案内
8.相互利用サービス
 
本学に所蔵のない資料に限り、他大学や他機関の蔵書を利用することができます。
京都造形芸術大学所属の方に限ります。
閲覧サービス
  他大学や他機関の図書館へ閲覧に行くための紹介状を発行します。
希望館へ事前に問合せをしますので、希望日の1週間前までにはお申込みください。カウンターまたはマイライブラリで申込みできます。
大学コンソーシアム京都共通閲覧システムの参加大学、短期大学では、学生証・教職員証の提示で図書館への入館が可能となります。各館によって条件が異なりますので、事前にレファレンスカウンターでご確認ください。
特別協定校の東北芸術工科大学図書館京都精華大学情報館では、学生証の提示で館内の資料を閲覧できます。貸出には申込が必要です。それぞれの図書館の指示に従ってください。
身分証(運転免許証、健康保険証など名前と現住所が確認できるもの)や、紹介状(お住まいの自治体の図書館発行のものでも可)の持参により利用可能となる他大学の図書館もあります。全国の国立大学、公立・私立大学から利用規程の一覧を参照することができます。(公立・私立大学は各地方の情報を随時追加)大学によって条件が異なりますので、不明な点はレファレンスカウンターでお尋ねください。
 
近くの大学図書館を利用する
文献複写の取寄せ
  他大学や他機関の図書館から、図書資料の一部分(著作の半分まで)や雑誌論文の複写物を取寄せることができます。
複写料金と送料、手数料は申込者の負担となります。
現物の借用
  図書資料の現物を借り、当センター内で閲覧することができます。
送料、手数料は申込者の負担となります。






利用案内
9.ノートパソコンの利用
 
当日入館証では利用できません。
貸出用ノートパソコンを使ってインターネット検索やCD-ROMの利用ができます。プリントアウトも可能です(モノクロ1枚10円、カラー1枚50円)。
必要に応じてスキャナやヘッドフォンも貸し出します。貸出カウンターで利用証を提示し手続きを行ってください。
インターネットを利用する際は学内LAN利用アカウントが必要です。






利用案内
10.施設の利用
 
館内にある施設を利用することができます。施設の利用をご覧ください。






利用案内
11.休学中の利用
 
休学中に図書貸出、映像資料視聴、ノートパソコンの利用を希望する場合、一般利用証が必要です。学生証では利用できませんので、ご注意ください。
  受付場所:芸術文化情報センター受付カウンター
受付時間:開館日の10:00~16:30
必要書類:利用申請書/現住所を確認できるもの(運転免許証・保険証など)/発行手数料1,000円
利用期限:発行日より1年間(更新可)※復学後は利用できません。
サービス内容:図書・雑誌閲覧/映像資料視聴/図書貸出(5冊2週間)/ノートパソコンの利用

<注意事項>
 
入館、閲覧のみを希望する場合は、当日入館制度を利用してください。現住所を確認できるもの(運転免許証・保険証)を持参し、カウンターで申請ください。
学期末試験期間とその2週間前は入館、貸出はできません。
予約、取置、郵送貸出、マイライブラリ、相互利用、レファレンスサービスは受けられません。
延滞図書がある場合、また長期延滞があった場合は申請を受付けません。






利用案内
12.教職員へのサービス
 
こちらでは教職員に特化した芸術文化情報センターのサービスについて、簡単にご紹介いたします。
詳細は、活用マニュアル [ PDF:471KB] をご参照ください。

 
利用について
  教職員証で、当センターへの入館や貸出手続き、施設の利用や各種サービスを受けることができます。
<貸出規程>
 
利用対象 貸出冊数 貸出期間
専任教員 50冊 6ヶ月間
非常勤教員・専任職員 10冊 1ヶ月
非常勤職員 5冊 2週間

 
施設の利用
  各施設の予約をご希望の方は、各利用申込書に記入しカウンターまで提出してください。空き状況の確認はお電話(TEL:075-791-8134 内線3104)でも受け付けております。
小ゼミ室 小ゼミ室利用票 [ PDF:20KB]
授業や所蔵資料の利用を主体とした自主企画の研究会などに利用できます。
映像資料閲覧機器、学内無線LAN配備。約12名収容可能。
研究個室 研究個室利用票 [ PDF:20KB]
館内資料を利用して調査・研究をするための個室が6室あります。学内無線LAN配備。
閉架資料室・貴重資料室 閉架資料閲覧申込書 [ PDF:12KB]貴重資料閲覧申込書 [ PDF:12KB]
本学蔵書検索OPACで所在が閉架資料室・貴重資料室になっている資料の閲覧を申込むことができます。
映像ホール 映像ホール利用票 [ PDF:20KB]
映像と音響設備が整備されており、108人を収容できるミニシアター環境を提供しています。所蔵資料をもとに企画した上映会や映像資料の利用を主体とした授業等でご利用いただけます。
接写台 接写台利用カード [ PDF:16KB]
館内資料の接写時にご利用ください。ご希望があれば、カメラや無反射ガラスも貸出します。

 
相互利用サービス
  本学に所蔵のない資料を所蔵している機関へ閲覧に行ったり、他機関から取寄せたりすることができます。相互利用申込書 [ PDF:126KB] に記載の上、カウンターまでお申込みください。
閲覧サービス
所蔵機関へ閲覧に行くための紹介状を発行します。
複写サービス
希望する資料の必要ページを、複写物として取寄せることができます。複写料金・送料は申込者の負担となります。公費によるお支払いも可能です。申込みの際にご申請ください。
貸借サービス
希望する図書資料を所蔵機関から借用することができます。館内でのご利用のみとなります。送料は申込者の負担となります。公費によるお支払いも可能です。申込みの際にご申請ください。

 
蔵書選定
  資料購入予算と資料の推薦方法についてご案内します。
学科・専門学校選定資料費
学科の授業・研究において必要とされる図書・メディア資料に関してはこの予算で選定してください。選定者には意向により1年間の貸出を行えます。当センターで利用準備が整い次第「利用開始リスト」をお渡ししますのでご確認ください。1ヶ月間は事務室内に取り置いています。
学科・専門学校消耗資料費
税込み定価3,000円未満の資料を対象とします。資料は各学科で発注し、管理していただきます。
教員推薦資料費
授業で紹介したり、学生に利用させたい資料を選定していただく予算枠です。教員推薦資料申込書 [ PDF:12KB] にご記入の上、カウンターまでご提出ください。「受入済資料一覧」を推薦者にお渡しし、資料が配架されたことをお知らせしています。
 
当センターの所蔵資料は以下の選定方針に基づいて選定されています。
<文献・資料選定方針>
1、 国内外の芸術文化研究の基礎となる文献・資料を整備する。    
1-1)本学の教育研究の基本テーマである<京都文芸復興>、<芸術立国><平和貢献>に関わる文献・資料はこれを網羅する。    
1-2)特に、芸術教養ならびに各開設課程、学科、コースの基礎資料の配備に留意する。
2、 デザインに関する各分野では、雑誌購入も視野に資料収集を行い、時代のアクチュアリティを反映した資料を提供する。
2-1)映像・メディア資料、データベース等電子情報の利用環境を整備する。
3、 教育現場で学生の学修に必要な資料は、教員推薦によって当センターに備える。
3-1)学生個人では入手しにくい資料を優先する。
3-2)通信教育課程、一般社会人の利用に伴い基礎文献の複本化を進める。
4、 故大江直吉寄贈国周浮世絵コレクションについて、大学として継続的に国周作品の蒐集を行い、コレクションの充実に努める。(本方針は2014 年度より芸術館に移管)
  (芸術文化情報センター運営委員会)

 
マイライブラリ
  これまでに来館しないと受けられなかった図書館サービスを、オンラインで受けられるようにしたのが「マイライブラリ」です。インターネットを介してどこからでも利用が可能です。詳しい説明は、利用マニュアルをご覧ください。

<サービス内容>
  〇新着資料の情報
〇貸出中資料の確認、返却期限の延長
〇文献の複写
〇資料の借用
〇OPAC検索結果の資料情報を保存(マイフォルダ)

<アカウント発行手続き>
  氏名、所属、教職員番号、Eメールアドレスをこちらのフォームへご連絡ください。カウンターでも受け付けます。






利用案内
13.図書館利用Q&A
 
 
本や論文を取り寄せる
  ※京都造形芸術大学所属の方のみのサービスです

芸術文化情報センターに所蔵していない本や論文を取り寄せるには・・・
所蔵する図書館から本を借用する方法と雑誌論文や本の一部分を複写物として取り寄せる方法があります。
 
まずは、取り寄せたい本や論文などの情報(書誌事項)を控えましょう。

〇本 → 書名・著者名・出版社・出版年・ISBN・典拠(何をみて知ったか)
〇論文→ 論文名・論文著者名・論文が掲載されている誌名・巻号・ページ・ISSN・典拠

本を借用する
・到着までに1週間程度かかります
・借りた本は館外へ持ち出すことができません
・複写はできない場合があります
・借用期間は2~3週間です
・往復の送料と手数料は申込者の負担となります

論文など複写物を取り寄せる
・到着までに1週間程度かかります
・複写代(1枚35~60円)料金と送料、手数料は申込者の負担となります

【A】来館して申し込む場合
レファレンスカウンターにて「相互利用申込書」に必要事項を記入してください。 資料が到着したら、記載の連絡先へお知らせします。
【B】来館せずに申込む場合
1.  マイライブラリにログインしてください。
2.  認証されたら、操作メニュー「他機関の資料を利用する」より、本を借用する場合は「資料の借用」、複 写物を取り寄せる場合は「文献の複写」をクリックしてください。
3. 必要事項を記入し「確認に進む」をクリックすると、確認画面が表示されます。
4.  よければ「この内容で依頼」をクリックすると手続き完了です。
資料が到着したら、マイライブラリに登録してあるメールアドレスへお知らせが届きます。
マイライブラリからの申込みは24時間受け付けています。


 
学外の図書館を利用する
  ※京都造形芸術大学所属の方のみのサービスです

芸術文化情報センターに所蔵していない資料を利用するには・・・
所蔵する図書館へ閲覧に行くことができます。
 ・相手館からの回答に2~3日かかります
 ・利用は相手館での閲覧、著作権範囲内での複写(資料によっては不可)が可能です
 
まずは、近隣の所蔵館を探してみましょう。

CiNii Booksで所蔵館を見つけることができます。

【A】来館して申し込む場合
レファレンスカウンターにて、「相互利用申込書」に必要事項を記入してください。希望する図書館に閲覧が可能かどうか問い合わせます。
【B】来館せずに申込む場合
1.  マイライブラリにログインしてください。
2.  認証されたら、【相互利用サービス:他大学図書館の利用】をクリックしてください。
3. 必要事項を記入し「入力画面の確認」をクリックすると、確認画面が表示されます。
4. 「送信」をクリックすると、手続きが完了します。
通信教育部生は、郵送・FAXでも申し込みできます。詳細はこちらをご覧ください。

大学コンソーシアム京都共通閲覧システム参加大学・短期大学は学生証で図書館に入館し、館内で閲覧することができます。

東北芸術工科大学図書館京都精華大学情報館は、学生証で入館・閲覧、また、申し込めば無料で利用証が発行され、資料の貸出が可能になります。

一般に公開している公共図書館や資料館、美術館図書室などもあります。

詳細はこちらから、もしくは直接レファレンスカウンターへお尋ねください。


 
資料の探し方を相談する
  ・食べ物の図鑑をみたい
・本学にない資料を読みたい
・蔵書検索OPACで映画の『アメリ』を検索したいのに、でてくるのはアメリカばかり・・・
・桃花鳥色ってどんな色ですか
・先生から図書館にあると聞いたが見当たらない

学習・研究を進める上での疑問や文献検索に関する相談は、レファレンスカウンターで受け付けています。こちらのフォームからも質問することができます。


 
借りている本の返却期限を確認する
 
【A】本が手元にある場合
借りている本の裏表紙を開いたところに「返却期限票」が貼与されています。一番新しい日付が返却期限となります。
【B】本が手元にない場合
1.  マイライブラリにログインしてください。
2.  認証されたら、貸出中の資料「詳細を見る」をクリックします。
3. 借りている資料の一覧が表示され、貸出中の資料それぞれの返却期限を確認できます。


 
借りている本の返却期限を延長する
 
【A】来館して手続きする場合
貸出カウンターへ、返却期限までに借用中の資料と利用証を持ってきてください。一回のみ、手続きした日より2週間の継続利用が可能です。
【B】来館せずに手続きする場合
※京都造形芸術大学所属の方のみのサービスです
1.  マイライブラリにログインしてください。
2.  認証されたら、貸出中の資料「詳細を見る」をクリックします。
3. 借りている資料の一覧が表示されます。
返却期限を延長したいタイトルにチェックをいれて「貸出期間の延長」をクリックすると、返却期限が2週間延長されます。
マイライブラリからの申込みは24時間受け付けています。


 
貸出中の本に予約をする
  ※京都造形芸術大学所属の方のみのサービスです

貸出中の本への予約は1人3冊までおこなえます。
 
【A】来館して申し込む場合
貸出カウンターで「資料予約申込書」に必要事項を記入してください。本が返却されたら、記載の連絡先へお知らせします。
【B】来館せずに申込む場合
1.  蔵書検索OPACで読みたい本が貸出中であれば、予約ボタンをクリックすると、マイライブラリへ認証画面が表示されますので、ログインしてください。
2.  認証されたら予約入力の画面が表示されますので、必要事項を記載し「確認に進む」をクリック してください。
3. 予約確認画面が表示されますので、よければ「この内容で予約」をクリックすると手続完了です。
本が返却されたら、マイライブラリに登録してあるメールアドレスへお知らせが届きます。
マイライブラリからの申込みは24時間受け付けています。


 
郵送で図書を返却する
  持参による返却が困難な場合、郵送での返却を受付けます。
以下の事項を遵守し、返却してください。
「ゆうパック」等、追跡調査ができる方法で返送してください。
図書が破損しないようビニール袋で包み、エアクッションを利用して梱包してください。
図書が破損して到着した場合、弁償を求める場合があります。
万一の郵便事故に備え、受け取った伝票はしばらくの間保管してください。
宛先等には以下すべてを記入してください。
 
宛 先:〒606-8271 京都市左京区北白川瓜生山2-116
 京都造形芸術大学 芸術文化情報センター 返却受付係
T E L :075-791-8134
差出人:氏名、学籍番号、住所、電話番号
品 名:書籍○○冊


 
返却ボックスの設置される日と時間
 
(1)スクーリング実施の週末
金曜閉館時(20:00)~翌週月曜開館時(9:00)

(2)短縮開館(10:00~18:00)
閉館時(18:00)~翌開館時(10:00)

(3)閉館作業日(長期閉館作業・月例閉館作業)
a 長期閉館:期間中終日
b 月例閉館:前日閉館時~次回開館時

【設置されない日】
完全休館日
通常開館日(9:00~20:00 開館の日)

ボックスが設置されている場合でも、返却受付を窓口で行っている場合延滞している資料については、できる限りカウンターへ返却してください。